だぐろぐ!

カラダもココロも ゆる無添加ライフ

だぐろぐ!

【コロナ】子どもは重症化しにくい!?免疫を考える

【コロナ】子どもは重症化しにくい!?免疫を考える
こんにちは! ダグ嫁です。

コロナウイルス、終息とは真逆の方向に進んでしまっていますね。

こんな記事を見つけました。
natgeo.nikkeibp.co.jp この記事によると、

コロナウイルスには誰でも感染するが、子どもは重症化しにくい
○ 成人は重症化しやすい


えぇっ((((;゜Д゜)))

体の小さな子どもの方が弱いに決まってるじゃん!
大人の方が強いんじゃないの??


謎すぎたので、流さず読んでみましたので、まとめてご紹介します◎

子どもは重症化しないワケ

記事から引用しますと、

不思議なことに、新型コロナに感染した子供はあまり重症化することがない。感染したとしても、小児患者の90%以上は軽症か中等症、あるいはまったく症状を示さない。こうしたパターンは、水疱瘡などにおいても見られる。

確かに、大人になってから水疱瘡や麻疹になると大変だって言いますよね。

この病気と診断された2143人の子供(18歳未満)を対象とした中国の研究では、重症または重篤な症例の大半は5歳以下であることがわかっている。

しかし、それからさらに数年間成長する間に、子供の免疫系は“ちょうどいい”状態に到達し、過剰な反応をすることなく感染症を抑制するのに十分な強さを持つようになる。



「ちょうどいい」状態( ゜o゜)
子どもって、あらゆる部分で発達途上かと思っていたけど、
過剰反応をせず強くなるとは、新しい発見!!

今のところ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査を受ける人の大半は、顕著な症状が出ている人だ。
今後、検査数が増えれば子供の重症化率も変化する可能性はある。
それでも初期の検査結果は「子供は影響を受けにくい可能性が非常に高い」ことを示していると、米ハーバード公衆衛生大学院で感染症を研究する医師で、医学誌『New England Journal of Medicine』の編集長を務めるエリック・ルービン氏は述べる。

成人が重症化するワケ

【コロナ】子どもは重症化しにくい!?免疫を考える
前出のルービン氏によると、

子供よりも成人にCOVID-19の症状が強く出るのは、成人の免疫系が不十分な反応と過剰な反応の間のいい具合を見つけられないためではないか

とのこと。
「免疫ができあがっているから、うまく働く」わけじゃない、ということなんでしょうかね。

高齢者に死者が多いのは、免疫系が衰え始めているからと考えられる。
成人はまた、子供とは異なり、糖尿病や心臓病などの基礎疾患を患っていることが多く、病気と闘う能力を弱めてしまう。

ただ体が成熟しているからと言って、健康体だとは言い切れないですよね。
夜更かしとか、飲酒とか、子どもより不健康な生活もしがちですしね。

気づかず拡散している可能性も

子どもは重症化しない!
やったー! \(^o^)/
と思うのは危険!

子供自身が重症化するリスクは小さくとも、「パンデミックをさらに悪化させる重要なファクターになるかもしれません」


風邪ですら拡散させてしまう子どもに「コロナウイルスを感染させないための行動」を強要するのは、かなり難しいです。
咳エチケットができていない子ども、やはりまだまだ多いですよね。

大人でも
「ベーックショーーーイ!!」
ってクシャミする人がいるくらいですし( ̄▽ ̄;)


せめてマスクをして、咳やクシャミの飛散を減らす努力はしたいですね!

さいごに。

体も免疫も成熟している大人なら大丈夫!
なわけではなく、
「ちょうどいい」免疫状態の子どもは重症化しにくい
という記事の紹介でした。


目からウロコな内容で、思わず紹介してしまいました(^^;

大人も「ちょうどいい」免疫状態になれれば良いですよね~。

体の中のことなので、イマイチつかみにくいですが、
体を温めたり、免疫力アップの食材を摂ったりするのも、
気合いを入れすぎず、
躍起にならず、 ぼちぼちやっていこうかな。

まだまだ続くかもしれないコロナウイルスの波。
できる限りの自衛をして、
感染を防ぎたいですね。

頑張りましょう!!